タイミングと保証

物事にはタイミングがあります。タイミングの時期がずれてしまうと残念な結果になることがあります。例えばお花見をする場合、明日行くのかそれとも3日後に行くのかで全く状況が違う場合があります。2日目に大雨が降ってしまった場合は花は既に散っているため、3日後にお花見に行くのはタイミングが悪いのです。 これは外壁塗装にも当てはまります。外壁塗装はどの季節にするかによって状況がことなるからです。一番いい季節は秋だと言われています。気温も暑くも無く寒くもなくちょうどいい感じだからです。 逆に夏は職人もばてやすく、塗装もすぐに伸びるためその耐久年数は下がると言われています。ただ、塗料をあまり使わない分、安くなるのです。

冬は夏と逆の現象が起こります。塗料が伸びにくいためほかの時期に比べると多めに塗料を使わなくてはならなくなります。耐久年数は伸びる代わりに塗料をたくさん使ったことでやや割高になる可能性もあります。 また、梅雨の時期は雨が多いため工期が遅れる可能性があるのです。 春は花粉症で集中できないかもしれません。まあ、花粉症に関しては人によってならない人もいるので、春も塗装にいい季節と言えますね。というわけで、秋か春に外壁塗装をするのがいいのではないでしょうか。 もし、外壁塗装で意外にも劣化が早かった場合、業者によっては3年保証、5年保証という感じで保証を付けてくれるところもあります。ただ、この保証は、塗装の仕方に対する保証であって、外壁のひび割れなどは対象外であることが多いので注意が必要です。