取り組みとトレンド

欧米では築年数がかなり古い住宅が改装されながらも使い続けられていますが、日本の家屋と異なるのは多くが外断熱を採用していることが挙げられます。対して日本の家屋は大抵、安価な内断熱となります。けれども、外壁塗装において断熱性能の高い塗料を使用することによって、外断熱と同じ効果を得られるようになります。もちろん、そのような塗料を使用するには、それなりの技術が必要となります。塗料を厚く塗る必要があるのですが、そのためには職人の腕が求められるわけです。そこで、外壁塗装を依頼する際には塗料の品質ももちろんのこと、施工費としてそれなりの人件費を確保することが大切となります。

外壁塗装における現在の取り組みとしては、耐久性をいかに高めるかということが挙げられます。これは外壁塗装は長年の風雨や紫外線による劣化により、定期的な塗装のし直しが必要となる中で、そのサイクルを長くしようというものです。住宅のメンテナンスコストを下げることが目的となります。そこで取り組まれているのが、いかにして紫外線から塗装を守るかということになります。外壁塗装に限らず塗料というものは、紫外線を浴びることによって品質に影響を受けることになるものです。その紫外線対策を行うことによって劣化を送らせ、ひいては建物の保護を長く行うことができるようになるわなです。それにプラスして断熱性や防水性も高められていくものとなります。